転職に有利な資格とは?どんなものなのか

転職する際に持っていると有利になると考えられている資格の有無ですが、多くの求人は経験を求めている傾向にあります。特に中途採用では、経験を重要視する求人はさらに多くなります。即戦力が必要とされる企業やアパレルデザイナーやIT系エンジニアなどの場合にも、応募資格に一定の経験年数を求められることが多いです。

ただ、職種によっては資格が重要視される場合もあります。資格が必要な求人として、医療系の専門職や、建築、土木系の技術職、営業系などがあります。特に医療系や建築系の分野では、薬剤師やMR、建築士を取得していない方は、業務に就くことができない業務独占資格が多い傾向にあり、これらの職に転職する際は、必然的に取得をする必要があります。

また、金融系や不動産、士業系などの専門職も医療系や建築、土木系ほどではありませんがある程度は有利になるようです。一方、IT、通信系、クリエイティブ系、事務系アシスタントは、重要視されない傾向にあります。コントラクトmr 転職サイト ランキング、ITやクリエイティブ系は、実務経験の方を重要視します。

中途採用では自動車免許を必須としている求人が多いです。特に顧客を訪問するスタイルの営業系、建設現場に足を運ぶ必要がある建築系は自動車免許を持っておくと転職に有利になります。企画管理系や事務アシスタントでは、日商簿記検定を持っておくと転職に有利になるようです。

宅地見物取引主任者を取得しておくと不動産や、営業系への転職で役に立つことが多いです。IT、通信系はそれほど重要視されませんが、実務経験に加え、SAPR/3認定コンサルタントを持っておくと、より転職がしやすくなります。

転職活動をはじめたら、今後の見通しを立てて少しずつ準備を進めます。現在働いている職場でも、急に退職されてしまうと困ってしまうという事情もあるでしょう。業種によって異なりますが、退職の時期については繁忙期を外し、年度末など区切りのよいところに持ってくると良いでしょう。

転職先がすぐに見つかるかどうかわからないときには、勤務しながら半年や1年程度かけて転職活動を進めるとよいかもしれません。

パソコン仕事で目を酷使してしまう習慣をなんとかしたい

仕事ではパソコンを良く使いますし、プライベートではスマートフォンを使ったゲームをしたり、友達や家族と連絡を取ります。

そのため、一日のうち多くの時間をパソコン画面やスマートフォンの明るい画面を見て過ごすことになるので、目が疲れると感じることがありました。特に長時間のパソコンをした後は、目がしょぼしょぼして乾燥した状態になるので、目薬は常に欠かさないようにしていました。

しかし加齢と共に目が疲れやすく、乾燥しやすくなってくると、目薬をするだけでは間に合わなくなってしまいました。そのため、ブルーライトをカットしてくれるメガネをつかったり、パソコンやスマートフォンの画面に、ブルーライトをカットする効果があるフィルムをはり付けるようになりました。ブルーライトをカットしてくれるので、ある程度は目の疲労は軽減されたと感じましたが、長時間のパソコンをすることで目の疲れを根本的に取り除きたいと思ったので、ルテインサプリを飲み始めることにしました。ルテインは、紫外線などの外部からの刺激から網膜を保護する効果を持っているので、パソコンやスマートフォンから発せられるブルーライトなど、目に刺激があるものから守ってもらえると感じました。

ルテインサプリを飲み始めてから、1週間ほどしたときに、今まで感じていた目の疲れが取れていたことを実感しました。目が疲れていると、時には頭痛や肩こりを誘発していたので、つらいと感じていました。しかしルテインサプリを飲み始めてからは、頭痛に悩まされることもなくなり、目が乾燥したと感じることもなくなりました。

長時間のパソコンをした後は、次の日の朝、目が乾燥したり重い感じがあって不快感を感じていましたが、ルテインサプリを服用したことで、朝もすっきりした視野で起きられるようになりました。ブルーライトをカットするメガネやフィルムも効果が期待できますが、それよりもルテインサプリを飲んだことで、目の健康を保つことができたと感じています。

自分の仕事も製薬会社のMR求人・転職エージェント3選を参考に、よりよい仕事環境の職場をみつけたいと考えております。